<   2006年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧
第20回:本は一冊もないけれど「場」が存在する本屋
 雑誌などでよく見かける「○○さんが選んだ、○○のための○冊」という企画がある。著名人がそれぞれ、テーマに沿って本を選ぶ。いわゆるブックガイドとかブックリストとかいうものだが、つい最近ぼくは、一般の人からこれを収集する「ブック・リスト・マニア」というプロジェクトをはじめた。

 この連載の第2回(もう2年近くも前になる)でも書いたけれど、まず、人がどういう本を読んでいるかということは、とても気になるものだ。電車の中で向かいの席の人が読んでいる本のタイトルが気になって目を凝らしたり、飲み会の席で隣の人につい「最近何か面白い本読みました?」と聞いたりするのはぼくだけではないだろう。そしてさらにリストとなると、興味はそれだけではない。

 音楽好きのひとならば大抵誰しもが、一度はコンピレーション作りにハマった時期があるだろう。DJということばがこれだけ浸透するよりずっと前から、「選曲」という行為に伴う快楽はたくさんのひとが自覚していた。自分の持ち駒を最大限に駆使し、もっとも絶妙だと思う選曲と曲順で作ったテープやCDを、繰り返し聴いたり人にプレゼントしたりすること。「選曲」に伴う快楽というのは、言い換えれば「編集者」になることの快楽だ。

 ブックリストも同じである。回収しようとお願いすると、大抵は「いいよー」と軽いノリで引き受けて紙とペンに向かってくれるのだが、いざ始めるとそんなにさらっと書けるものではないことに気づく。特にテーマを設定するとなると(テーマを「好きな本」としない限り)ただ好きな本を羅列するのではなく、いかにそれを「やるなあ」「うまいなあ」「いい感じだなあ」と思わせるような、気の利いたものに「編集」できるかということに挑戦しはじめてしまう。本好きであればあるほど、ついこだわるようになる。そして、ただ本のタイトルを羅列しただけのその文字列は、ただ「人が読んでいる本が気になる」ということを越えて、圧倒的に面白い。

 ぼくがこれを始めたのには2つ理由がある。ひとつめは、必ずしも著名人のリストでなくとも面白い、むしろ一般人のリストのほうが面白いとさえ感じたこと。そしてもうひとつは、にもかかわらず、一般の人がリストを投稿できるアマゾンの「リストマニア」という機能によって書かれたリストが面白くない、ということだ。

 後者を面白くないと感じるのは、おそらくその多くがあまりに「編集」されていないからである。中にはものすごくきちんと練っている人もいるが、大抵はある種のブログやSNS上の日記が持つつまらなさに近い、たとえば「ただアマゾンから欲しい本をピックアップしてリスト化してみました」というような、匿名性に守られた垂れ流し感がある。責任を持って書かれた緊張感のようなものが欠けているのだ。だからぼくの「ブック・リスト・マニア」では、必ず本名と職業を記入してもらい、その人をリアルな存在として特定し、大抵はその場で公開する。同時に他の媒体への掲載許可も得る。いわば「気合が入る」ようにしてあるのだ。

 手前味噌で恐縮だけれど、この「ブック・リスト・マニア」は、恵比寿のククイカフェ(※1)というカフェで行われた美術展(※2)への出品を経て、現在はCET06(※3)というアートイベント内の美術展に少しヴァージョンアップして巡回している。バースペースに設置されたこの作品は、中央に「amazon.co.jp」に接続されたPCが一台設置されており、その場に訪れた人にリストを書いてもらうと同時に壁に貼り出していく、という参加型のインスタレーションだ。壁に貼り出されたリストは、本好きにとっては絶好の酒の肴だ。それを見ながらああだこうだと話をめぐらせ、そして、壁のリストに気になる本があればそれを検索し、その場で購入することができる。いわばこれは本屋なのだ。本は一冊もないけれど「場」が存在する本屋。ブックリストにまつわるこのプロジェクトはしばらく、続けようと思っている。

※1:ククイカフェ
http://www.kukuicafe.jp

※2:飯田竜太・内沼晋太郎・施井泰平展「森」
http://mori3n.exblog.jp

※3:CET06美術展「フラットな世界以降の新しい美術の流れ」
http://www.centraleasttokyo.com/06/
http://www.centraleasttokyo.com/06/archives/000038.html
[PR]
by uchnm | 2006-11-25 00:00 | 本と本屋


はじめての方へ
■■news■■この連載の他、大量の書き下ろし原稿を含む、内沼晋太郎初の単著が発売になりました!詳細はこちら

「ぼくたちが本と出会うときのこと」は、ブックピックオーケストラ発起人、numabooks代表の内沼晋太郎が、「[本]のメルマガ」で書かせていただいている月一回の連載です。
mixi
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧